HOME > 健診センター(健康は健診から)> みんなの健康は健診から(30歳になったら女性は乳がん検診)

みんなの健康は健診から

50歳を過ぎたら前立腺がん検診

30歳になったら女性は乳がん検診

日本では、乳がんにかかる女性が年々増加しています。女性のがんのなかで最も多いがんの一つとなりました。特に日本人の場合30歳から増え始め、40歳代の女性の割合が高いとされています。このため、30歳になったら、乳がんの自己検診や定期的な乳がん検診をお勧めします。


乳がんの自己検診法

1.鏡の前で乳房の形をチェック!

  • 左右の乳房の形や大きさに変化がないか。
  • 乳房のどこかに皮膚のへこみ、ひきつれはないか。
  • 乳首がへこんだり、ただれができたりしていないか。

2.あおむけになってチェック!

  • 仰向けに寝て、あまり高くない枕、あるいはタオルを折り、背中の下に入れます。 左手を上に上げ、頭の下に入れるようにします。
  • 右手の指をそろえてのばし、左乳房の内側を調べます。
  • 右手を左乳房の内側にのせ、指の腹を胸の中央部に向かって、柔らかく、しっかり滑らせるようにして、しこりの有無をまんべんなく調べます。
  • 同じ姿勢のまま左腕を下げ、今度は乳房の外側の部分を外から内に向かって、柔らかく、しっかりと指を滑らせて調べます。
  • 右乳房も同様の方法で調べます。

3.わきの下のリンパ節と乳頭をチェック!

  • 起き上がり、右手の指をそろえてのばし、左脇の下に入れてしこりがあるかどうか指先で確かめます。
  • 右脇の下についても同様の方法で調べます。


▲このページの先頭へ

メールでの問合せ サイト内検索ページへ