HOME > 健診センター(健康は健診から)> マルチスライスCT

マルチスライスCT

マルチスタイルCTについて

マルチスタイルCT
  • 当院ではマルチスライスCTを平成23年5月に更新いたしました。
  • マルチスライスCTは16スライス(16画面)を同時に撮影することが可能です。
    このCTは、任意の方向から撮影が可能になりました。また、鮮明な3D画像を瞬時に作成します。
  • 患者さま、受診者さまの検査時間が短縮し、これにより被ばく線量が少なくなりました。
  • 今までのCTと比べて画像精度が格段に良くなり、今まで見逃していた可能性のあるわずかな病変などもマルチスライスCTではわかるようになりました。

下記のような症状のある方は、各種健診のオプションにCTをお勧めいたします。

胸部CT
喫煙者。または最近せきや痰が多くなった方。
腹部CT
腹痛、黄疸、発熱など。

※頭痛、嘔吐、意識低下及びけいれん発作のある方は、頭部CT撮影となりますが、
 健診のオプションでは、お受けすることができません。脳神経外科等を受診して、
 医師の判断により頭部CTの撮影を実施いたします。


あなたの内臓脂肪の危険度はどのくらい?

当院では、このマルチスライスCTを使用した内蔵脂肪検査を行っております。

メタボリックシンドローム ・・・わたしの危険度はどのくらい??

メタボリックシンドローム ・・わたしの危険度はどのくらい??

メタボリックシンドロームとは・・・
 内臓脂肪が蓄積し、高血糖・高血圧・脂質異常などの生活習慣病が重なって動脈硬化の危険度が高まった状態をいいます。

メタボリックシンドロームがなぜ怖いのか。
 それは、動脈硬化を進行させ、最終的には脳梗塞・心筋梗塞といった命にかかわる疾患へとつながっていくからです。さらに、近年の研究から、糖尿病だけ、高血圧症だけ高脂血症だけの単独で発症するのではなく、1人で複数の危険因子を持っているケースが極めて多いこと、またこれらの原因がすべて、もとをたどれば内臓脂肪の蓄積にあることが明らかになってきました。

当院では、CTスキャンによる内臓脂肪検査を行っております。検査は痛みも無く、数分で終わります。放射線の被ばく量は胃部検査の半分以下であり、体への負担が少ない検査です。健康診断の一環としてできます。ぜひ、この機会にご自分の内臓脂肪をみてみませんか?

料 金 2,060円CTスキャンによる内臓脂肪検査結果

 

☆右図のような形で後日結果をお返しいたします。

【拡大表示】→ 

 



▲このページの先頭へ

メールでの問合せ サイト内検索ページへ